本文へスキップ

看護学士を取得できる通信大学!大卒看護師・看護師養成所専任教員・養護教諭・心理学の資格。

看護大卒も大満足、放送大学の良い点悪い点口コミ


トップページ通信制大学の口コミ・体験談 > 放送大学口コミ

放送大学教養学部に入学した理由

放送大学は幅広く教科を扱っていたこと、教科の中に学びたい科目があったこと、ビデオ授業や授業放送が充実していること、通える範囲に大学の事務所があり、各手続きもしやすかったことです。

放送大学・スクーリングの口コミ

受講していた科目に関しては特段スクーリングはなかったのですが、科目によってはスクーリングが必要な科目もあるので、最初に確認しておく必要があります。

スクーリングという形で学生同士の交流会もありました。

通常はビデオ学習のために通学していましたが、近隣にあったのでとても助かりました。

通常開講で受講することはほとんどできなかったのですが、衛星放送やラジオ、ビデオ学習など自身の予定に合わせた受講方法が選択できたので、自分のペースで学習できました。

放送大学の単位取得方法

単位認定を受けるためには、受講とレポート提出で認定されて初めて卒業となるので、受講かビデオ学習を必ずしておかないとレポートは書けません。

レポート自体は課題に沿ったテーマで自分の考えを述べていく形式で、指定のレポート用紙に記入して、郵送で提出しました。

学習途中で進度経過を確認するための宿題レポート画でますが、そこに認定の確認をもらうことも必要です。

全体的には詰込みではなく、科目の教科書も厚みは高校の評価書程度のものがい多いので、見やすかったです。

放送大学は自分が学習しやすい方法が選択できることが良かった

授業自体はハードなものではなく、自分のペースで進められるということがとてもよかったです。

受講ペースが自分に合っていればむりなく続けることができました。

どうしても仕事の合間を縫って学習しなくてはならないので、学生のように宿題がたくさんあるわけでもありません。

また、ビデオ学習するにも通いやすく、個人スペースもあるので、静かに集中しやすい学習環境も確保できました。

自宅だけでなく、学習環境があったことはとても助かりました。

レポートの書き方や表現の仕方が難しかった

大学を卒業してから何年も経過してからの受講だったので、単位を認めてもらうために必要なレポートの書き方を基本からやり直す必要があったことです。

語尾の書き方や自分の考え方をまとめること、それを文章にすることなどです。

また言い回しが難しく感じることもあって、レポートの書き方が理解できないこともありました。

知らない表現や難しい言葉をネットで調べながら、なんとかレポートを仕上げていきましたが、やはり通常の大学のように指導教員がいないということは、マイナスだと思いました。

放送大学はこんな人におすすめ!

学習し直すということ、新しい情報を知るということは、社会人にとって非常に有益です。

社会人として得る情報はもちろん貴重ですが、時代は変わります。

知らないことも増えていく中で、自分の基準だけで仕事をしていくことに、焦りを感じたこともありました。

でも、大学で学び知る作業をすることで、新しい制度、新しい情報の流れに理解をしやすくなりました。

特に医療の分野では、情報が変わりやすく制度も変わってきています。

理解したうえで、現場サイドの動きにつながっています。

上司の話している内容が理解しやすくなった

学習していくと、新しい情報に触れることが多くなり、一日が終わればいいのではないという考え方になりました。

仕事をするにもひとつひとつ根拠があり、また意識を変えることで、色んな物事に対する見方が変わりました。

話している内容に上司も難題があってのことだと理解した時、話す内容に不満を感じている時間が減りました。

中堅だったこともあり、上司への協力がしやすくなりました。その結果管理職への登用もありました。

学習していたことがいかせた瞬間です。

その後は転職活動するとき、その時のエピソードを面接で話すことで自分の活動の一端を担っており、それまで勤めていたところより条件の良いところに就職できました。

放送大学(科目履修生)40代看護師から口コミ



おすすめ通信制大学・資料請求 おすすめ

気になる大学があったら【無料】資料請求して比較・検討しましょう。しつこい電話での勧誘は一切ありませんのでご安心ください。

看護学士取得サポート制度がある通信制大学一覧


看護師養成所専任教員資格を取得できる通信制大学一覧