本文へスキップ

看護学士を取得できる通信大学!大卒看護師・看護師養成所専任教員・養護教諭・心理学の資格。

女性の年収ランキング


トップページ看護師等働く女性の給料・年収 > 女性の職業別年収ランキング

女性の職業別・年収ランキング

女性の職業別に年収を調べて、ランキングしました。看護師はランキングしているのでしょうか?


順位 職業 年収・千円
1 大学教授 10269.9
2 医師 9310.7
3 弁護士 8407.3
4 大学准教授 8111.2
5 公認会計士・税理士 6743.5
6 大学講師 6681.1
7 高等学校教員 6052.7
8 記者 5863.3
9 航空機操縦士 5386.3
10 一級建築士 5003.3
11 自然科学系研究者 4991.2
12 システム・エンジニア 4758.2
13 薬剤師 4750.4
14 クレーン運転士 4744.8
15 電車運転士 4711.2
16 看護師 4695.3
17 歯科医師 4692.2
18 臨床検査技師 4482.1
19 各種学校・専門学校教員 4453.6
20 航空客室乗務員 4382.4

  
平成22年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)より。

*年収:月額現金給与額×12+年額賞与など特別給与額として計算。

All About より引用 


女性の年収ランキングトップ3は『大学教授』『医師』『弁護士』。社会的地位の高くて、頭のよい人しかなれない職業がならびました。

大学教授:年収1027万円、大学准教授:年収811万円、大学講師が668万円。大学教員の年収はかなりいいとゆうことがわかりました。

ただ、大学教授の場合、平均年齢56.8歳と高いので、一概に他の職業と比較できないようですけど。

ちなみに、高校教員は605万円。女性教員は、高給取りですね。看護師は16位。年収:約470万円です。

大卒になったら、次は大学院に進学して、大学教員をめざすのもいいでは?



女性労働者が多い職業の年収ランキング

女性労働者が多い職業の年収ランキングです。 

平成22年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)より。

女性労働者数の多いものから20職種の年収をピックアップ。

※年収:月額現金給与額×12+年額賞与など特別給与額として計算。


 

*All Aboutより 


上の図は、平成22年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)より職種別の女性労働者数順に、平均年収と年齢を並べたものです。

一番人数が多かったのが看護師

4位に准看護師、6位に看護補助者となっています。

看護師は、平均年収は470万円、准看護師は399万円、看護補助者は281万円。ちなみに、平均年齢は看護師37.6歳、准看護師46歳、看護補助者44.8歳。

看護師は、年令より資格があるほうが、年収が高い結果になりました。


女性の平均年収と看護師の年収

女性の平均年収と看護師の年収を比較しました。


  

看護師の平均年収は、約470万円です。働く女性の(正社員)平均年収は338万円ですから、看護師のほうが130万円以上、年収が高いことになります。 


 

看護師の中にも、契約社員もしくは派遣社員として働いている方もいらしゃいます。

個人のライフスタイルに合わせた雇用形態で勤務されているのでしょう。看護師不足なので、正社員になろうと思えば、いつでもなれるでしょう。

一方、事務系職種の正社員求人は少ないです。本当は正社員になりたいけれど、しかたがなく、派遣社員・契約社員として働いている女性は少ないありません。

お給料は正社員がイチバン多いですし、雇用も安定してます。できれば、正社員になって、ボーナスもほしいですよね。 


 

とらばーゆネットより

年収が高ければ、好きなこといっぱいできます。大卒ナースになって年収アップをめざしましょう! 


女性が多い職場の悩み

現代社会においては女性の社会進出はますます進んでいます。

男性が長い間活躍してきた現場においても女の人がその中で新しい役割を持って活躍してきました。

それとは逆に、長い間女性が第一線で活躍してきた職種も、社会の中にはいろいろあります。

医療現場で働く看護師や、児童福祉に関わる保育士などは女性が長い間活躍してきた現場です。

同性が活躍している職場においては、性別に対する偏見も無くのびのびと活躍できる場所であるともいえます。

しかしながら、女の人が多いからこその職場の悩みもあります。一番の悩みの種となるのが人間関係のトラブルです。

仕事場であっても、女の人は感情が現れやすい性質をしています。

もちろん職場では直接的な感情を表すことはありませんが、不満や不平が人間関係まで影響してしまいがちな部分がりますよね。



おすすめ通信制大学・資料請求 おすすめ

気になる大学があったら【無料】資料請求して比較・検討しましょう。しつこい電話での勧誘は一切ありませんのでご安心ください。

看護学士取得サポート制度がある通信制大学一覧


看護師養成所専任教員資格を取得できる通信制大学一覧