本文へスキップ

看護学士を取得できる通信大学!大卒看護師・看護師養成所専任教員・養護教諭・心理学の資格。

放送大学と大学評価・学位授与機構で看護学士を取得した体験談


トップページ通信制大学の口コミ・体験談 > 放送大学と大学評価・学位授与機構で看護学士を取得した体験談

給料と昇給のため看護学士を目指す

私は、とある市立病院の脳外科看護師として勤務しています。

看護学士を取得しようと思ったきっかけは、給与面で毎月1万円程の差が出ると職場の先輩から話を聞いたからです。

入職3年目ですが、フルタイムで勤務し夜勤を月に4回ほどこなしても、給与は手取りで24万円ほどでした。

給与面のアップもそうですが、昇給も後々大きく変わると聞いたこともあり、学士を取得しようと考えました。


放送大学の特徴

放送大学は通信制なので自宅に居ながら学ぶことができ、課題も自宅へ送られて来ます。看護師として働きながら単位を取得できるのが魅力の1つです。

費用は総額でおおよそ20万円です。私は3年制の看護専門学校卒だったので、1年で31単位を取得しました。

簡単な流れは、必要な単位を積み上げ履修した後、大学評価・学位授与機構の学位認定試験(小論文と面接)を受けて、合格すれば学士を取得することが出来ます。

放送大学は夏季集中講座もあり、看護関連の科目が特に充実しているので、看護師にとって単位を取得しやすいことが特徴です。


学士を取得する上で大変だったこと

私が勤務する私立病院では、病院内で盛んに勉強会などが開催されているので、休みの日に勉強会へ出席した後、単位取得の為の勉強もしていたので、体力的にはとてもハードでした。

余分な出費を抑える為にも、学士取得は1年以内で取得すると決めていたので、絶対に単位は落とせないというプレッシャーも常に感じていました。

また、看護師3年目で初めてのプリセプターに就くことになっていたので、新人看護師教育をしながらの勉強は、精神的にも余り余裕が無かったです。

通信制大学は学校に通う必要は無いですが、スケジュール管理をしておかないと単位取得の為の勉強が先延ばしになってしまうこともありました。


これから看護学士を取得する人へのアドバイス

看護学士を取得する為の1年間は、ほぼ休み無く勉強に明け暮れていましたが、その甲斐あって無事に学士を取得し、給与もアップしました。

学士を取得して良かったことは、給与面のアップもそうですが、看護関連の科目がとても充実していたので、この1年間で看護の学びを深めることが出来たと感じました。

今後は、看護大学卒が主流になる時代も遠くはありません。通信制の大学は、看護師を辞めずに隙間の時間を利用しながら単位を取得することが出来るので、仕事と勉強の両立も可能です。

これからの看護師としての、キャリアアップの第1歩として、看護学士の取得をされることをお勧めします。

放送大学・詳細



おすすめ通信制大学・資料請求 おすすめ

気になる大学があったら【無料】資料請求して比較・検討しましょう。しつこい電話での勧誘は一切ありませんのでご安心ください。

看護学士取得サポート制度がある通信制大学一覧


看護師養成所専任教員資格を取得できる通信制大学一覧